読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

But Not For Meのアナライズ

ジャズのスタンダード曲、But Not For Meのコード進行とアドリブのときの使えるスケールについて書きます。

コード進行は納浩一『ジャズ・スタンダード・バイブル』に沿って説明します。

この曲はChet Bakerの名盤「Chet Baker Sings」での演奏が有名だと思います。作曲者はかの有名なガーシュウィンです。

曲のキーはEb Majorです。

コード進行は典型的なジャズのスタンダードという感じです。

It could happen to youとB,Cセクションのコード進行がほとんど同じなので一緒に練習するといいかもしれません。

スケールは、

F7ではFミクソリディアン、

C7ではC Hmp5↓、

B-7, Eb7ではBbドリアン=Ebミクソリディアン、

Ab-7ではAbドリアン=Ebナチュラルマイナー、

Db7ではDbリディアンb7

を使います。

B,Cセクションの1,3小節目で、メロディーにスケール外の音が出てきているのが気になる人がいるかもしれませんが、これらはどちらもアプローチノートなのでスケールを判定するときには気にしなくていいと思います。

 スケール練習例です。